カテゴリ:げんきくん( 171 )

がんばったね!おゆうぎ会

大変ご無沙汰しております。新年のご挨拶もしていませんでした・・・毎年恒例の
お雑煮の写真も撮っていたのですが、さすがにもうこの時期に載せるのは気が
ひけますね。
忙しかったのと、PCが変わって使い慣れなかったのとで更新が滞っていましたが、
今年もぼちぼちと続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、先週の日曜日は、げんきの幼稚園最後のおゆうぎ会でした。
月曜に幼稚園に行き、「月組さん、今日はなんと7人やったんばい!」と得意げな
げんきくん。・・・ってことは、げっ、15人休み?? ってことは学級閉鎖??
と思ったら、一気にインフルエンザ患者が増え、2日間の休園!!
生き残ったはいいけど、おゆうぎ会前日とか当日になっちゃったらどうしよう!!と
冷や冷やものの1週間だったので、無事本番の朝を迎えたときは、本当にほっとしました。

前日にリハーサルがあり、義母と一緒にでかけました。本当は姪っ子たちにも来てもらう
はずだったけど、インフル蔓延の会場なのでやめておいてもらうことになりました。

はじめの挨拶は、年長さんの男の子全員で行います。げんきは、最初の「さんはい!」と
最後の「気をつけ 礼」の号令をかける係でした。リハーサルは緊張からか、幕が半分くらい
おりてから最後の号令をかけてましたが(笑)、本番はいいタイミングでできました。

d0082261_0502656.jpg


最初の出番は、歌と楽器演奏です。ハーモニカでは、♪どこまでもいこう♪をみんなで吹きました。
冬休みに家でも練習していたので、上手にできました。歌は♪風をさがして♪ 元気よく歌えました。
そして合奏。げんきは木琴の担当でした。曲は♪栄光の架け橋♪ オリンピックでも感動的だったこの曲、
私、すでにイントロだけでも涙がでるんですけど・・・スクリーンに最初歌詞が映し出されていたんですが
途中から子供たちの写真とお父さん、お母さんへの感謝のメッセージが映し出され、最後に
「うんでくれてありがとう」の文字が・・・もう途中から号泣ですよ。マジでマスクしててよかった。
化粧、ぐちゃぐちゃのハゲハゲでした。 ほんとに感動をありがとうでした。

d0082261_058458.jpg


次の出番は劇。”じぶんだけのいろ いろいろさがしたカメレオンのはなし”という劇でした。
動物はみんな自分の色があるのに、どうして自分だけの色がもてないのか悩むカメレオン。
そこに別のカメレオンが現れて、いつも一緒にいてみようという。やっぱりいつも色は変わるけど
一緒にいれば二匹の色はいつでも同じ・・・そういうお話。それぞれの色を大切に、そして一緒に
いる仲間を大切に・・・いろんなふうに受け止められるなかなか深いいい話なのですが、もうちょっと
劇の構成にメリハリがあるとよかったかなぁという感じ。幼稚園生の劇だからね~。
ちなみにげんきはナレーターで、しょっぱな(のみ)に台詞がありました。

d0082261_145274.jpg


d0082261_151778.jpg


最後に踊り。”湘南乃風”の♪ライダーズハイ♪という曲と♪黄金魂♪(おうごんソウル)という曲を
先生がアレンジしてつなげた曲。家でも刀を持って踊ってました。
これがかっこよかった!!(親バカですんません) 曲と衣装と踊りがすごく合っていて、ほかの
お母さんたちと、終わった瞬間「かっこよかったね~!!」と感激しました。
年長の男の子は、毎年袴をはいて扇子をもって演歌っぽい曲を踊るのが大トリでありまして、
これが2クラスのうちどちらになるかなのですが、今回げんきはそのクラスではありませんでした。
義母はちょっと残念そうでしたが、私はこれもまたよかったと思います♪
年少の運動会では、どうやってもワンテンポ遅れていたげんきですが、今回のおゆうぎ会ではまったく
そんなことはなく、3月生まれのハンディを克服したようです(笑)
わが子だけでなく、「あ~、○○くんも最初のおゆうぎ会は泣きながらやりよったのに、成長したなぁ」
とか「よく脱走しよった○○くんが、ちゃんとやりようね~」とは、よそのお子さんの成長も感じることが
でき、いろんな意味で胸にくるものがあるおゆうぎ会でした。

唯一残念だったのは、母が体調を崩して観にくることができなかったことですが、幸い体調も戻りつつ
あるのでよかったです。

そして・・・げんきくん、おゆうぎ会本番帰宅後に発熱・・・翌日、インフルエンザであることが判明しました!
ほんとにギリギリまで、よくがんばった!!えらい!!1日ずれてたら、ママは動揺しまくりでした・・・
しかしやはり動揺していたのでしょう。火曜日に開催された入学説明会を、教頭先生から夜連絡を
いただくまで、すっかり忘れていたのでした・・・普段はさすがにこんなことはないのですがねぇ。
自分に自信をなくしそうな出来事でした。。明日個別にお話を伺ってきます。。

というわけで、いろいろあったおゆうぎ会でしたが、親子ともに心に残るものになりました。
みんな、感動をありがとうね。
[PR]
by genkimanma | 2012-02-13 00:49 | げんきくん

お泊り保育

「ママ、なんか、ごっくんってすると、のどがいたい」
ギョッ。。7月18日、お泊り保育2日前の夜のこと。
この時点では台風情報を気にしつつ、今度はげんきの体調まで気がかりになり
夜中にほぼ1時間おきくらいに、熱が出ていないか手足をさわったり・・・
なでしこジャパンの決勝戦を見るために早起きした(ミーハーや・・・)その夜、
またもやまともに眠れない一夜を過ごす。

翌朝、36度9分。んー、微妙。念のためかかりつけの小児科に連れて行くと
「ちょっと溶連菌っぽい喉になってますね」とのこと。ギョッ。
検査をしたけど陰性で、喉の薬と整腸剤(お腹の調子もイマイチ)をもらい、
幼稚園の終業式へ連れていく。
お迎えに行って、スーパーで昼食を買っていると「きつい。寒い。」という。ヤバイ。
帰宅後、37度8分。ひぇ~。きついので食べる前に寝ると言うので寝かせる。
小児科に電話し、薬の変更が必要ないかや家に置いている解熱剤(座薬)の使用量など
を確認し、翌朝頓服の解熱剤をもらえるようにお願いする。
2時間くらい寝てうどんを結構食べ、薬を飲ませる。ごろごろしつつもわりと元気だし
熱も37度5分前後をいったりきたりなので、このぶんだと大丈夫かなと思う。
晩御飯におかゆをつくるというと、「あのちっちゃい魚(ちりめんじゃこ)が入った
やつ、おいしかったっちゃんね。嘔吐下痢になったときに食べたおかゆ、おいしかった
けん、元気なときでも食べてみたいと思いよったと。」と言う。
「嘔吐下痢にも、いい思い出があってよかったね~」「今日は昼間からごろごろして
ママとゆっくりお話できて、たまにはこんなこともあっていいよね~」などと、あえて
明るく話す。

晩御飯に、たまごと梅干しのおかゆをしっかり食べ、私の親子丼もつまむ。この分なら
大丈夫・・・と思っていたら、「寒い」といい、きつそうになる。38度4分。
迷ったけれど、9時過ぎに座薬の解熱剤をいれる。ほぼ10分後・・・「ママ、うんち。」
えっ??さっき入れたばっかりじゃん。出てくるやん。どうしたらいいと?
出てきても追加は入れたらいかんよね?? 内心慌てる。
小児科に貼ってあった夜間救急の電話相談を思い出して電話してみる。やっぱり追加を
入れてはいけないそうだけど、10分以上経っていればほぼ溶けているのでは?とのこと。
喉の風邪だと、2~3日は熱が出るかも?とも言われる。
その後しばらくしてトイレに行ったけど、解熱剤は効いていたようで、しばらくすごい汗を
かき、何度も着がえさせ、熱は急激に下がる。
このまま下がってほしいと願いつつ、自分も横になるものの、20~30分毎に気になって
手足を触ったり、熱を測ってみたりして、結局この日もろくに眠れなかった。

そして翌朝。36度5分。よかった~。途中で熱が出てお迎えで呼び出されたとしても
とにかく参加はできる。薬、解熱剤、予備の着替え、熱さまシート・・・考えられるだけの
準備をする。
小児科で診てもらい薬をもらって幼稚園へ。担任の先生やグループ担当の先生に事情を説明し
いろいろお願いする。
いってらっしゃ~いと笑顔で見送った後、どっと疲れて、しばらく家で横になる。眠れた
わけではないけど、少しラクになる。
電話がなるたびにビクッとする一日・・・夜9時を過ぎて、ようやく安心し、この日は
夫が夜中に帰ってきたのも全く気づくことなく”爆睡”でした。

d0082261_0441677.jpg

そして翌日。げんきは、とっても元気に帰ってきました!ずっと36度台で熱が出ることも
なかったそうです。年長さん全員参加できたそうで(手足口病の子は何人かいたようなので
これを機にまた増えるかもしれませんが・・・)、本当によかったです。
みんな自分で描いた絵のついたTシャツを着て、帰ってきました。Tシャツ製作の直前に
すいか割りがあったので、すいかの絵を描いた子が5人くらいいたそうです。わかりやすいな(笑)

今回感じたのは、”母親には演技力も必要だ”ということです。
本当は、母は相当ビビッています。スケジュール表の表紙に貼ってある、グループのメンバーと
一緒に撮った写真の笑顔を見ながら、「このスケジュール表が実際に自分が行った思い出の品に
ならず、卒園アルバムに自分の知らない思い出のページがあったらかわいそうやん。あんなに
楽しみにしとったのに。。。」とか思うと、涙まで出そうになっちゃうわけです。そんな話を
すると、夫はほとんど呆れていましたが。。確かにね、長い人生の中では一瞬の事だけど、
幼稚園生活一番のビッグイベント、行かせてあげたいと思う母心。
しかし、親が動揺していたら、子供はもっともっと動揺してしまう。
「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」自分にも子供にも言い聞かせる。
今回、母親の「だいじょうぶ」ほど根拠のないもんはないなと実感しましたが(笑)、この
根拠のない「だいじょうぶ」ほど、子供にとって安心できるものもないと、また思うのです。
私も私立高校受験の直前に、39度を超える高熱を出した経験がありますが、あの時でーんと
構えて見えた我が母も、実は不安だったということも、今回よーくわかりました(実際そう
言ってましたし)やっぱり母も、このときのことを思い出したそうです。

こういう経験を積み重ねつつ、母も強くなっていくのかもしれないなぁ。。

周りのいろんな人に心配をかけつつ、げんきが無事に楽しくお泊り保育に参加でき、貴重な
思い出が作れたことに、心から感謝。
げんきの病気のおかげで、より深い思い入れのある、お泊り保育の思い出になりました・・・
[PR]
by genkimanma | 2011-07-23 00:47 | げんきくん

連休中の大きな成長

ゴールデンウィークも終わりましたが、みなさまいかがお過ごしでしたか?

げんきは、この数日間で大きく成長しました♪

まず29日。私と母が天神で買い物している間、げんきはじーちゃんと映画
”名探偵コナン”を観に行き、夕飯を食べて帰ってきてから、今度は義母の家に
来ている姪っ子達と一緒に、初めてひとりでのお泊りに挑戦!
春休み中は、「5歳になってから泊まる」と言ってましたが、どうやら本人も
夏のお泊り保育の前に、ひとりで泊まってみようと思っていたらしいです。
姪っ子達と楽しくお風呂に入り、ハイテンションで11時くらいまで起きていたらしい
ですが、翌朝元気に、「ひとりで泊まれた!全然おうちに帰りたいとか思わんやったよ。
また泊まる!」と、自信満々の声で電話がかかってきました。
母に、「あんたも気になってあんまり寝られんかったっちゃない?」と聞かれましたが・・・
爆睡でした!!

d0082261_012443.jpg


3~4日は、パパも一緒に休めたので、近場でおでかけ。まずはマリンワールドへ。
魚図鑑持参のげんきは、魚を見ながら、いろいろ説明してくれました。
デート中の若者を眺めつつ、「いつかげんきもデートで来たとき、こんなふうに魚について
語るんやろうかね。どう思われるやろうねぇ。」「あんまりプラス要素に働くことはなさそうな
気がするね~」などと話していたわけですが・・・どうなんでしょう(笑)

d0082261_045635.jpg


ゴールデンウィーク期間中のみ、芝生広場に大きなタッチプールが出来ていて、ここで
かなりの間、いろんな生き物を触りまくっていました(ちょっと引け腰で)

d0082261_06690.jpg


4日はグリーンパークへ。たまたま入場料無料の日だったので、とっても人が多かったです。

d0082261_064974.jpg


幼児がロバに乗れる時間は終わっていたので、ロバの馬車(っていうのか?)に一緒に
乗りました。
途中でロバがう○ちをして、げんき大喜び。

d0082261_08286.jpg


カンガルーやウォンバットもたくさんいます。
2人で走って、カンガルーにタッチしにいきました。

d0082261_091248.jpg


冒険の森には、アスレチックがたくさんあります。
いまだに慎重派ではありますが、置いてあるアスレチックのほとんどに挑戦して出来るように
なっていました。以前に比べると運動でも出来る事が増えた分、本人の自信や、やってみようと
いう気持ちに繋がっているようです。
私は調子にのって、一緒に長いローラー式の滑り台を滑ったのですが、ゴロゴロやられたお尻が
摩擦でかゆくて仕方ありませんでした(爆)

d0082261_0125586.jpg


そして金曜の夕方。叔父にほとんど無理やり補助輪を外されて、叔父とちょっと一緒に練習したら
補助輪なしで自転車に乗れるようになりました!
主人に続き、親子2代で叔父の特訓をうけたらしいです(笑)両方とも父親の特訓じゃないのね。
これはその日に描いた日記。雲も「うらやましい」と言ってるんだそうです(笑)
よほど嬉しかったらしく、今日は近所のお友達と、会社の敷地の中を自転車で走り回って
遊んでいました。

d0082261_0164972.jpg


こいのぼり、今年であげるのは最後かなぁ。

d0082261_0172060.jpg


金曜日、幼稚園から持って帰ってきてくれた封筒。

なかには・・・
[PR]
by genkimanma | 2011-05-09 00:18 | げんきくん

5歳になりました

d0082261_23515376.jpg


げんきくん、3月27日で5歳になりました。
今年も、義母、実家の両親、義妹、姪っ子2人、パパ、ママと総勢9名での
お誕生パーティー。賑やかにお祝いしてもらいました。嬉しいね。

d0082261_2354058.jpg


今年のメニュー。
 ・たまごのフライ
 ・えびとコーンの揚げ団子
 ・山芋と野菜とカニのサラダ
 ・ローストビーフ(いただきもの)
 ・ポテトのミートソース焼き
 ・おにぎり
この、たまごのフライというのは、私が子供の頃に母が作ってくれた思い出の味。
母と一緒に作ったのですが、母もかなり久しぶりに作ったらしく、懐かしい味でした。
昔、母のおじさんが進駐軍のコックさん(?)だったときに覚えた料理を、母が教えて
もらったという話を、今回初めて聞きました。料理にはいろんな思い出話がつきものですね。
ゆで卵を縦半分に切って黄身を取り出し、人参と玉ねぎのみじん切りと一緒に取り出した
黄身をほぐしながら、塩コショウと砂糖を入れて炒めます。
半分に切ったゆで卵の穴(黄身をのけた部分)に、炒めたものをこんもりとのせ、小麦粉
溶き卵、パン粉をつけて軽く揚げると出来上がり。ソースやオーロラソースをかけて
いただきます。

d0082261_021333.jpg


パパとママからの今年のプレゼントは鉄棒。誕生日当日は、本人よりもっぱら姪っ子達が
遊んでいましたが、昨日は最初鉄棒に身体をのせる時だけ手伝ったら、くるっと前周りが
できるようになって、「鉄棒、おもしろい!」といって、何回もぐるぐるまわっていました。
なんでも出来るようになると、楽しくなってくるよね。

d0082261_04288.jpg


姪っ子たちは前日から義母の家に泊まっていて、私がちょうど大学時代の友達との飲み会が
あったため、げんきも一緒に、義母の家で夕飯もお風呂もお世話になりました。
(泊まるのは、「5歳になってから」なんだそうで、4歳最終日だったため、泊まりはナシ
でした(笑))
そこで、3人で一生懸命、参加者全員分の名前入りとんがり帽子やら、部屋の飾りやらを
作っていた模様。
ちなみに、姪っ子が持っているくまさんは、げんきが生まれたときの体重3282gです。

d0082261_083845.jpg


くす球(100均で購入)まで用意されていました。

d0082261_092471.jpg


鉄棒したりダンスしたりで、すっかり大汗かいた姪っ子はシャツ姿(笑)いつもげんきの
面倒をよくみてくれます。ありがとうね。

最近の口癖は、「もう5歳やけんね。」「年長さんやけんね。」のげんきくん。
5歳も、年長さんも、本人にとって特別な意味があるようです。
もう5歳。まだ5歳。
ゆっくり大きくなってほしいような気もするけど、成長するにつれていろんな会話ができて
面白くなってくる部分もあるし、1~3歳の頃よく「今が一番かわいい時よ」といわれて
いましたが、その時その時のかわいさ、面白さ、醍醐味があるのではないかなぁと思って
います。

これからも日々の成長を見守りながら、”にこにこ笑顔の肝っ玉かあさん”を目指して
げんきとの毎日を楽しんでいきたいと思います!

げんきくん、5歳おめでとう。いつもみんなに幸せをありがとう。
[PR]
by genkimanma | 2011-04-01 00:19 | げんきくん

男の子たち

先日、父方の祖母の七回忌がありました。
げんきが生まれる前の年の4月に父方の祖母、12月に主人の母方の祖母、
げんきが生まれた年の7月に母方の祖母が亡くなり、3人の祖母達はまるで自分達の
命のバトンを、げんきに渡してくれたかのようでした。

d0082261_23182740.jpg


法事は、日頃なかなか会えない親戚が集まる機会でもあります。
この日、げんきは、はとこ(私の従姉の息子)のりんくん(小4・男子)と遊ぶのを
楽しみにしてました。りんくんはとても手先が器用で折り紙や粘土が上手で、折り紙を
教えてねと言っていたので、わざわざ本も持ってきてくれていたのですが、様子を見て
いると、げんきが自分が作れる数少ない折り紙を、りんくんに自慢げに説明してました(笑)
法事の後、従姉の家に行くのも、りんくんと同じ車に乗りたいと言って、一人で従姉の
車に乗り込んでいきました。じいじはちと心配そうでしたが、「喋るか歌うか寝るかよ、
きっと」と言っておりましたが、ずーっと喋って歌っていたそうです。それもあまりに
歌が古いのにビックリしたと、従姉が言ってました。

d0082261_23235485.jpg


一緒に公園に行くと、いつものりんくんの遊び仲間がたくさんいました。
りんくんが友達に紹介してくれて、あっという間に一緒に遊び始め、まったく親のもとに
やってくる気配もないのに、従姉が感心してました(笑)
「ドッジボール、やろーやー」と言って、並んでズルズル足でラインをひいて準備するものの
またバラバラと別の遊びを始め、しばらくしてまた誰かが「ドッジボール、やろーやー」と
言い、ぞろぞろ集まってはまたなぜか別のことが始まり・・・ようやく始まったのは、
ラインを引き出して、20~30分経った頃か?
従姉のひと言。「男の子って、これやけんおもしろいっちゃんね~」
怖さ知らずのげんきは、4年生のドッジボールに混じっていましたが、親のほうがドキドキ。
お兄ちゃんたちは、時々げんきに投げさせてくれたり、自分の後ろにげんきをまわして
一緒に逃げてくれたり・・・いい感じで面倒みてくれてました。

d0082261_2331028.jpg


ゲームが白熱してきたので避けさせて、同じ年齢くらいの男の子と一緒に応援団。
いつもいろんなものを詰め込んで抱えて歩いているリュックには、笛やら扇子やらも入って
おりまして(笑)

滑り台やブランコでも遊んで、とっても楽しかった様子でした。

いつも暗くなるまで、友達と腹一杯遊んで帰って来るらしいりんくん。友達はみんな
げんきにも優しくて、いい仲間と楽しい時間を過ごしていていいなと思いました。みんなありがとう。
げんきにも、そんな友達がたくさんできるといいね!
[PR]
by genkimanma | 2011-03-23 23:34 | げんきくん

春の息吹

d0082261_15473.jpg


まだまだ冬のように空気が冷たい日もありますが、春はもうそこまで来ています。
田舎暮らしのよさは、そんな季節の移り変わりを身近に感じられる事かもしれません。
毎年、お散歩コースでつくしを採りに行く場所があったのですが、今年になって
家のすぐ裏で、たくさんつくしが採れることを発見したげんきくん。
「もっきーのつくし畑で採れるつくし、新鮮でしょ!」と自慢げです。
そしてじいちゃんへひと言。「ねぇ、じいちゃん。つくしって、ち○○に似てるね」一同爆笑。

d0082261_1101880.jpg

幼稚園の修了式も終わり、年中さんが終わりました。こちらは、製作帳に貼ってあった
つくし。そして、しんきゅうおめでとう。一年間で大きく成長したね。
年長さんの一年も楽しく過ごそうね。

つくしのように、すくすくと大きくなあれ。そして、みんなのもとへ、あったかい春よこい。
[PR]
by genkimanma | 2011-03-23 01:13 | げんきくん

おゆうぎ会&じいじのお祝い

土曜日はおゆうぎ会リハーサル、日曜日が本番でした。
天気予報は雪・・・土曜日は結構降っていて日曜の朝が心配だったため、実家の両親は
前泊することになりました。当日は雪が残ってはいるものの、とりあえず運転に支障は
なく一安心。まったくこの時期は雪といい、インフルエンザといい、ヒヤヒヤモノ。

まずは楽器演奏と歌。♪こいぬのマーチ♪を鍵盤ハーモニカで、楽器演奏の♪チキチキバンバン♪
では”タンブリン(本人いわくタンバリンではないとのこと)、歌は♪ともだち賛歌♪
大きく口をあけ、一生懸命歌う姿を見て、ちょっとぐっとくる。

d0082261_0294157.jpg


踊りは”翔べ ガンダム”。♪燃え上がれ~ 燃え上がれ~ 燃え上がれ~ ガンダム~♪
っていう、アレですよ。懐かしいわ。本物のガンダムみたいな衣装でしょ。
衣装は全部先生が作ってくださいます。ぶきっちょな親としては、感謝感謝です。
げんきいわく、「ズボンに”ギンギラギンにさりげなく”がついている」衣装。
(年末にTVでマッチを見て以来、♪ギンギラギンにさりげなく♪にハマったげんきくん。
♪そいつが お~~れの やりかった~~♪と、マッチ風に歌います。)

d0082261_034102.jpg


何度も練習させられたため、私もほぼ完璧に踊れるようになりました。
じいじばあばもやらされていましたが、「ジャンプはせんでいいけん!」と、高齢者に対する
思いやりは忘れないげんきくん。さすがじじばばっこ。
義母は、「かっこいいね~。この衣装が欲しいね~」と言ってました。(ちなみにもらえません)

d0082261_036940.jpg


劇は「アリとキリギリス」。げんきは「アリ1」の役。真面目な性格ゆえ、キリギリスより
アリになりたかった模様。マイクの位置を間違えて横の男の子ともめたりしてましたが(笑)、
大きな声で元気に台詞を言い、歌や踊りも楽しそうにやっていました。
ちなみに、これもかなりお風呂で”アリとキリギリスごっこ”やらされました。

懐かしいといえば、♪仮面舞踏会♪があったり(今ジャニーズといえば嵐だろうに・・・
少年隊。めちゃ懐かしいし)、♪ハリケーン♪(どうやら最近ゴスペラーズと歌っている
やつらしいけど、ラッツ&スター(ひょっとしてシャネルズ時代?)として知ってるし・・・)
があったり。。。先生達は、みんな私より年下ではあるけどね~。
もちろんAKBとかもありましたよ。げんきのクラスの女の子は、AKBのユニット
”チームドラゴン”の♪心の羽根♪で、とってもかわいかったです。

おゆうぎ会を見ていると、自分の子供の一年間での成長はもちろん、年少→年中→年長では
こんなに出来ることが違うんだなぁと、改めて感じます。幼稚園の3年間って凄いです。
そして年長さんの演技を見ていると、いつも涙ぐんでしまいます。来年はどうなることでしょう。。

今年も両親、祖父母、そして姪っ子達を楽しませてくれたげんきくん。ありがとう。
よく頑張ったね。

**おまけ**
 先生からご褒美のプレゼントをもらって、席に戻ってきたげんきくん。なぜか大泣き。。
 ナント・・・戻る途中で座席の手すりにちん○○をぶつけてしまったそうで、、母には
 残念ながらわかりませんが、激痛だったようです。。
 これも忘れられない、おゆうぎ会の思い出となることでしょう・・・

おゆうぎ会のあとで・・・
[PR]
by genkimanma | 2011-02-16 00:48 | げんきくん

七五三

d0082261_23474994.jpg

11月3日に、義母や実家の両親も一緒に、げんきの七五三のお祝いをしました♪
せっかくの機会なので私も母に着物を着せてもらっておめかし。

まずはみんなでスタジオへ行き写真撮影。ここでもまた”せっかくなので”
じーちゃんばーちゃんも一緒の親族写真と、家族3人での写真も撮影。
「衣装は何着でもOK」ではあったけど、和装と洋装で1着ずつなので、
そんなに枚数も増えないだろうと思いきや・・・
和装だけでも刀を持ったり、陣羽織に着替えたり、羽織の模様をバックに写したり
洋装ではシルクハットとステッキを持ったり、バラを一輪置いて頬杖ついてみたり・・・
最近写真を撮るときの”いい顔”は、目を細めて口をにーっと広げる顔なので
口の辺りの筋肉がみょーにこわばっているのが笑えましたが、そこはプロなので
ぬいぐるみ使ったり、カード使ったり、子供の自然な表情でパチリ!とできるよう
工夫されていました。
そして各ポーズで写真を選んでいき、じーちゃんばーちゃん用の写真もお願いし・・・
とやっていったら、最後の精算で、”ひゃ~”と”やっぱり”の両方の思いが
交錯しました。商売上手。エコカー補助金ならぬじじばば補助金に感謝、感謝でありました。

写真撮影終了後、神社におまいりに行きました。実は本来の受付時間をちょっと過ぎていた
のですが、神主さんが出先から戻ってご祈祷してくださいました。ありがたや、ありがたや。
げんきの幼稚園はお寺なので、近所の神社に散歩に行ってお参りしても「なむあみだぶつ
なむあみだぶつ なむあみだぶつ」と3回唱えていましたが、今回はちゃんとじーちゃんが
リハーサルしてくれていたので、ちゃんと神社でのお参りが出来ました。
しかし祝詞のときに、「○○○○(名前) 5歳」といわれ、私に「4歳ばい!」とびっくり顔で
つぶやきました(げんきは早生まれなので、今は4歳)

神社から帰り、近所のお寿司やさんで会食。おやつを何も食べていなかった事もあり、
ものすごい食べっぷりで、上機嫌で喋りまくっていました。私達もお腹一杯になりました。

というわけで、気持ちのいい秋晴れの一日に、楽しい七五三のお祝いを、家族みんなで
過ごすことができました。
今日まですくすくと成長し七五三のお祝いを迎えられたことに感謝し、これからも心身ともに
健やかで、優しくたくましい男の子に育ってほしいと思いました。
[PR]
by genkimanma | 2010-11-05 00:06 | げんきくん

頑張ったね、運動会

今日はげんきの運動会でした。
d0082261_23192587.jpg


今年は、母が肉巻きと蓮根のきんぴらを作ってきてくれました。朝おにぎりを作るのも
手伝ってくれ、おまけに姪っ子達が来られなったこともあり揚げ物を作るのをやめたので、
去年は前日から準備して5時起きで作っても8時ギリギリに出来たお弁当が、7時過ぎには
出来上がり。げんきもいつになく6時40分くらいには起きていたので余裕でした。

今年の運動会。実は最初のうち、げんきは練習が苦になって幼稚園に行くのがイヤになり
夜や登園時に泣いたりする日々が続きました。どうやらかけっこやリレーでなかなか
勝てないことが苦痛な模様・・・何もわからなかった年少さんの時にくらべ、競争の意味が
わかり始めたということかもしれません。
両親の運動神経を考えると、げんきも運動が得意になるとは考えがたい(爆)
しかし、運動神経というのは遺伝ではなく、幼少の頃にいかに運動をしたかということの
ほうが重要だという以前聞いた説を信じている部分があるのです。・・・というのも、
親が運動が得意な場合、自然に幼い頃から子供を遊ばせる時にも、身体を使って運動系の
遊びをさせることが多い。手先が器用な親は例えば工作や粘土遊び、絵が得意な親は一緒に絵を
描く、音楽が得意であれば一緒に歌ったり楽器を弾く、本が好きな親は絵本を読んでやる・・・
というように、親の接し方や環境が子供に与える影響が大きく、それは見方によっては"遺伝”
ともいえるのかなと・・・

人には誰でも得意分野と苦手分野があるのは当然で、自分が得意なことで光り輝ければ
それでいい。でも最初からそう言って出来ないことを諦めるのではなく、苦手なことや
最初出来ないことでも、一生懸命努力をすれば出来るようになったり、頑張った分昨日より
今日、今日より明日出来ることが増えるという喜びを知って欲しい・・・
(これは幼い頃に運動神経が鈍い分、人よりたくさん努力しないと出来なかったけれど
その分出来たときの喜びは大きかったと思える自分の経験からもいえることなので)

そう思ったので、パパとママと一緒に走る練習をしようとげんきに言いました。
しかし、一度も速く走れたことのない両親(爆)、どうやって子供に走り方を教えるのか?

「かけっこが速くなる 逆上がりができる」という本(跳び箱や縄跳びなども、段階を踏んだ
練習方法が、写真入で丁寧に載っています)を買って研究しました・・・

今日の本番では、順位的には成果が出たとは言いがたかったのですが(笑)、練習では
「今日初めて一番になった」とか「リレーで○○くんを抜いた」とかいう日もあり、
走ること自体は楽しくなってきたようで、自分から「かけっこの練習しよう!」と言って
毎日一緒に走り、幼稚園でも先生を誘って走っていたそうです。走り方も以前より進歩した
のは間違いない(親ばか??)し、何より本人が楽しみながら頑張れたことが嬉しかったです。
げんきにとって、今年の運動会での大きな進歩かなと思っています。来年もまたがんばろうね。

d0082261_23512250.jpg


今年の踊りは、♪ユカイ ツーカイ 怪物くん♪
これも家でよく踊っていたので、私もほぼ完璧に踊れるようになりました。去年と違い
ワンテンポ遅れることもなく、ここでも進歩。

d0082261_23544338.jpg


メダルと記念品をもらって得意満面。がんばったね、げんきくん。

d0082261_23552469.jpg


じいちゃん、ばあちゃん達も来てくれました。
去年入院中だった母が一緒に観る事ができたので、とても嬉しかったです。

d0082261_23562058.jpg

今年の家族競技もパパと一緒。子供が輪投げをして、入ったら親が抱っこして走ってくるという
リレー。輪投げはよくやっているせいか、一発でOKだったね。
なぜか列に戻ってきた後も、パパにずっと抱っこされてたね(笑)

来年はいよいよ年長さん。組体操や鼓笛隊、障害物競走もあるね。またみんなで応援するから
頑張ろうね。今年も楽しい思い出をありがとう。
[PR]
by genkimanma | 2010-10-10 23:45 | げんきくん

バーベキュー大会

土曜日に恒例の会社バーベキュー大会をしました。
今年は別会社のメンバーやそのお子さん達、げんきのお友達ファミリーなどゲストも多く
私はいろんな方とお話したり、子ども達の世話をやいていたり・・・と、正直言って
あまりちゃんと食べた気がしない(といいつつも、それなりにはパクついていたので
異論が聞こえてきそうですが)一日でしたが、忙しくも楽しい時間でした。

d0082261_2350024.jpg


子ども達は食べるよりも遊ぶほうに忙しく・・・といった感じで、腹一杯走り回っておりました。
これは、お菓子つかみどり大会。盛り上がってましたね~。げんきは、うまい棒一本GETした
だけのようでしたが(笑)

d0082261_235615100.jpg


たくさん買ってきて差し入れもいただいた花火も盛り上がっていましたが、げんきは妙に
へっぴり腰。花火を持った子ども達が行き交うので、火にビビッた様子。。
のんびり一人っ子で、基本的に自分の思いどおりになることが多い日常なので、自分より
年が大きい子のほうが多く、なかなか思いどおりにはいかないため、すぐにグチグチと
母に文句を言いに来て叱られて泣く(爆)
そうはいいつつも、おねえちゃんたちは泣くと様子を見に来て連れていってくれたり、
花火がなくなると持ってきてくれるおにいちゃんがいたり、なんだかんだと面倒はみて
もらっているんですがね。
ま、幼稚園組は爆竹の音にビビッてその後一切花火に加われない子とか、水かけられて
泣いてお母さんのところに来る子とか、今考えてみれば、どんぐりの背比べってとこ
なんですがね。母も忙しかったので、ちょっとイライラしてたかも・・・

d0082261_022292.jpg


我が夫が買ってきたらしき水鉄砲。酔った勢いなのか、ものすごくたのしそ~に子ども達に
水をかけ始める・・・そして火がついた子ども達。最後は水鉄砲どころか、発泡スチロール
の箱にくんだ水をひっくり返してかけたり、自分の親を目がけて水鉄砲うちまくる子が
いたり・・・みんな全身ずぶぬれ。

d0082261_05351.jpg


この写真では14名ですが、ほんとはあと3名いたので、小学6年から0歳児まで17名の
子ども達。ほんと賑やかでした。
普段接点の無い子ども達でも、打ち解けるのはほんとに早い。すぐに一緒に遊び始めました。
小6の男の子と小5の女の子(姪っ子)が、夫からリーダーに任命され、なんとなくみんなを
まとめていました。最近はこんなふうに年齢がバラバラの”縦つながり”で遊ぶ機会が減って
いる気がするので、子ども達にとってはいい経験だったのではないでしょうか。
また来年が楽しみだね。

そして、今日はげんきの夏休み短期スイミングスクールの初日でした。見学してきましたが
楽しそうに取り組んでいました。そして嬉しかった事がひとつ。
帰りがけに先生から、「今日泣いているお友達がいたんですが、げんきくんが”だいじょうぶ
よ”とか話しかけたり、手をひっぱってくれたりして、助かったんですよ。優しいお子さん
ですね。今日はいっぱい褒めてあげてくださいね。」と言われ、とても嬉しかったです。
ちょっとへっぴり腰のところや甘えん坊のところもあるけど(笑)、”やさしさ”という
げんきのいいところを大事に成長してほしいなと思います。

d0082261_0135282.jpg

楽しみにしていたしまじろうの付録”くるくるのりまきやさん”が届き、ご満悦のげんきくん。
今日の夕食は自分で作ったのりまきとうなぎの蒲焼丼も食べ、おくらとワカメの酢の物も
「おくら好き」と言いながらモリモリ食べてました。好き嫌いもほとんどなく助かります。
[PR]
by genkimanma | 2010-07-26 00:16 | げんきくん