<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

嵐のあとの晴れ間

好調だったこいのぼり運動会が嘘のように、げんきくん、先週は大荒れでした・・・
まず朝起きてすぐ、幼稚園に行かん、なんもかんもいや と言って、ひっくりかえるわ、布団は
投げるわの大泣き。しばらく落ち着いて、また着がえ拒否の大泣き。バス停では泣いて抱っこ攻撃。
そして帰宅後、義母の家に行きたくない、お仕事いや!と叫ぶ、泣く。
先生に幼稚園での様子を聞くと、「それが最近は調子がいいんですよね~。お友達とも遊べてるし
お弁当食べるのも早いし、最初の頃と違って自分からいろいろやってみようとするし。」ということ
だったし、家でも幼稚園でのお友達の話や習ったことの話をするようにもなってきていたので、
まぁ無理をして疲れている面はあったとしても、幼稚園でのことはあまり心配はしなかった。
私としては、帰宅後に預けなければいけないというのは親の都合なので、ここで泣かれることの
ほうが心が痛く、自分の仕事の仕方についても悩み始め、日々泣かれることに対しての精神的疲れも
あって、夫との話のなかで泣いてしまったこともあった。

d0082261_23553124.jpg

そんななかでの保育参観。げんきは私の姿を見つけると、嬉しそうにニコッと笑って手を振りました。
画用紙に色紙でひよこを作って貼り、クレヨンで目や足を描くという製作。ボーっとしていることもあり
ましたが(笑)、ゆっくりながらも一生懸命のりを塗ったり、色紙を貼ったり、先生の指示とは違う色の
クレヨンで描いたり(笑)して、なんとかひよこが出来上がっていました。
なかには、お母さんの姿を見た途端泣き出してしまう子や、授業の途中で3回くらい教室から
抜け出して先生に呼び戻される子(どうもこの日に限ったことではない様子)もいたり、先日のこいのぼり
運動会ではずっと泣いていた子が元気いっぱいお友達と過ごしていたり・・・年少さんはみんな多かれ
少なかれ波があってこんなもんなのかなぁと、正直言ってちょっと安心する部分もありました。
参観日の後に、2年間青年海外協力隊員として中国の幼稚園で活動された先生の講演がありました。
中国と日本の文化の違いのなかで経験された様々なお話は、それだけでも大変興味深かったのですが、
「相手との違いを認めて理解しようとしたときに初めて、自分のことも相手に理解してもらえるように
なった」という話がとても心に残り、これは夫婦でも親子でも同じことだなと感じました。
また中国の親御さんが子供が仲間はずれにされたときに、子供に対して「じゃあ、明日は貴方が相手の
人が”仲間にいれて!”って言いたくなるほど、楽しそうにすればいいじゃない!」と言うという話も
印象に残りました。そうか、そういう考え方もあったか!自分だったら何て言うだろう?とかね。
厳しい環境のなかでも強い精神力で自分の夢を実現するために活動し、その経験を保育の現場で
生かそうとしている先生の姿は、私から見てもとても素敵でした。
そして先生の笑顔を見ながら、私、こんなふうに素敵な笑顔で笑えているかな?いろいろくよくよ
考えるより、今ある状況を認めつつ、まずは自分自身が元気で笑顔でいられるようにしようと
思い、げんきの状況も日々変化していることだし、まぁ1学期いっぱいくらいかかってある程度
落ち着いてくれるといいなぁと、当初の予想より長期戦になることを覚悟し、”母はもっとドーンと
構えよう”と腹を決めたのでした。

げんきは、自分の担任の先生ではないのに、この先生のことがとても好きなようです。
子供にも母親にも人気のある先生です。3年間で1年でもいいから、担任になっていただけると
親子ともに嬉しいなぁと思っています。

ちなみに今朝は泣かずに登園できました!さぁ、明日はどうなるかな?楽しみ、楽しみ(ちょっぴり恐怖(笑))
[PR]
by genkimanma | 2009-05-27 00:27 | げんきくん

こいのぼり運動会

げんきの通う幼稚園では、毎月ミニ運動会があり、5月は”こいのぼり運動会”でした。
水曜の夜中に8度7分ほど発熱し、木曜の朝も8度くらいあったのでお休みしていて
金曜の朝は7度ギリギリくらい。どうしようか迷ったのですが、私も見に行くので
具合が悪そうだったら連れて帰ろうと思い、初めてのミニ運動会に参加させることにしました。

すると、この日はナント、朝から泣くことなく、バスに乗るときも、おにいちゃんと手をつなぎ
元気に、「せんせい、おはようございます!」と挨拶して、バスに乗っていくことができました!
先生のほうが、「もっき~、すご~い!!」と驚いて、先生に「今日はこいのぼりで遊ぼうね」
と声をかけられると、「こいのぼり運動会やもんね!」と答えていました。いやぁ、うれしかったなぁ~。。

運動会は、年少さんはこいのぼりの中を一人ずつくぐり抜け、年中さんはこいのぼりを縦に筒型に
して玉入れをし、年長さんはこいのぼりを持ってリレーで走るという内容でした。
怖がりなげんきのことなので、こいのぼりをくぐるのを嫌がるのでは?と思ったけど、ちゃんとできました!
最初のはとぽっぽ体操と、最後の♪アブラハムには7人の子♪の踊りも、出来たり出来なかったりしながら
みんなと一緒にやろうとしていたし、微笑ましく見学できました。

年少さんにはずっと泣いていてこいのぼりもくぐれなかった子や、泣いて先生に抱っこされっぱなしの
子もいたし、「最初の頃は楽しく行ってたのに、給食が始まってからダメになって泣いちゃってね~」と
いうお母さんもいて、げんきだけじゃなくみんなそれぞれ大変だったり頑張っていたりするんだなと
改めて思ったりもしました。

今朝はまた「ようちえんがいや」と泣いたりしていたので、明日はどうなるかわからないけど、それでも
確実に成長してるよね。
[PR]
by genkimanma | 2009-05-18 00:42 | げんきくん

泣かずに乗れた!

昨日は泣きながらも、自分でバスの階段を昇っていったげんきくん。
(今までは、無理やり先生に抱きかかえられて行っていた)
一歩前進したなと思っていたら、今朝は起きてから、家ではグズグズ泣いたり、
抱っこ攻撃だったりしていましたが、バス停までの車ではもう泣きませんでした。
一瞬バスを見て私にしがみつきましたが、私と手を繋いで、「せんせい、おはよう
ございます。」と言い、自分でバスの階段を昇って席につき、手を振って出かけて
いきました!またまた前進!嬉しかったな。

ひとつ辛いのは、家に帰ってきて、ゆっくり甘えたり遊んだりしたいところを
私の仕事の都合で、義母のところへ預けに行くときに、泣いたり愚図ったりされること。
切なくなって、自分も涙ぐんでしまったこともある。きっと保育園に預けるときに泣かれる
お母さんが感じることと同じだろうな。
まぁ、行けば行ったで楽しく遊んで帰ってくるんだけどね。
事務員さんの出産が予定日より1ヶ月早くなり、産休に突入してしまったために、私の
仕事も今までより増えたので、げんきにもその影響が及んでいる。
いろんな意味で、親子ともに、今の環境、これからの環境に慣れていかなきゃね。
[PR]
by genkimanma | 2009-05-13 23:14 | げんきくん

バス遠足 そして母の日

d0082261_123377.jpg

7日は予想通り泣きながら幼稚園に行ったげんきくんでしたが、8日は楽しいバス遠足でした。
最近は、「幼稚園に行かん!」ではなく、「ママと一緒に行きたい!お見送りがいや!」と泣くくらい
なので、ママと一緒に行けてお友達とも遊べるバス遠足は、一番理想的な形らしいです(笑)
バスの中では親子の自己紹介もあり、子供は好きなTV(げんきはもちろんトーマス)、親は好きな
芸能人を言うというので、「年がバレますが、中学生の頃から吉川晃司が好きです」と言いたかった
のですが、まだそこまで親しくもなく、先生を含め果たして吉川晃司を知っているのか怪しい年齢層
も多い中、ついつい無難に「キムタクと福山雅治です」と答えてしましました(爆) いや、嘘じゃないけど・・・
「哀川翔です!」とキッパリと答えたあこちゃんのお母さん、エライ!


d0082261_1301758.jpg

最初怖がっていたすべり台。慎重派(怖がりともいう)なので、一度一緒に昇って出来るように
なったら、その後はハマってずっと楽しそうに滑っていました。
バスで前の席のななちゃんは、幼児教室でずっと一緒だったお友達なので、2人で手を繋いだり
ふざけあったりして、とても楽しそうだったし、たいちゃんやあこちゃんとも一緒にお弁当を食べ
手を繋いだりお菓子をわけあったりしていたし、しゅうちゃんとはハンドルの取り合いをして泣かされて
いたけど(笑)、その後一緒に遊んでいました。
先生(よそのクラスの先生からも”もっきー”と呼ばれていた)とも一緒に遊んでいて、「最近は教室を
走り回ったり、お友達と遊ぶことも増えて、だいぶん活発になってきましたよ」といわれ一安心。
バス遠足は、幼稚園での子供の様子を垣間見る、よい機会となりました。



d0082261_1355167.jpg

そして母の日に幼稚園で描いてきてくれた、ママの絵。先生に教えてもらいながら描いたようですが
口を二つ描いてしまっていて、「ここ、間違って描いてごめんね」というので、「いいよ、いいよ。
上手にかけとーよ。ありがとう。ママ、とってもうれしいよ。」と言いました。
口がふたつでも、目がみっつでも、ママはとってもうれしいよ。ありがとう。

今日、げんきのズボンのボタンつけをしたものの紐の長さがずれていて、不器用さにガックリきていたら
「ママ、お茶を飲んだら元気がでるよ」と言って、ペットボトルをひっくり返しそうになりながら、
お茶を注いで持ってきてくれました。この家で一番優しいのはげんきかもしれん・・・という言葉に
夫も納得していました。 げんきのやさしさ、とってもうれしいよ。ありがとう。
[PR]
by genkimanma | 2009-05-11 01:40 | おでかけ

楽しい子供の日

幼稚園の送迎で毎日一緒になるのは、ママ友ではなくジジ友(爆)です。
このおじいちゃん、2人の孫を送迎して5年。幼稚園情報から、休日のレジャー情報まで
いろいろ教えてくれます。
先日、SL人吉号に乗ってみたいという話をしたところ、門司港からめかり公園までの4駅を
トロッコ列車が走るようになったので行ってみるといいよと教えてくれました。
しかも、門司港までは快速列車に乗って行き、トロッコ列車に乗り、船にも乗って海響館に
行くといいというアドバイスまでもらい、子供の日の今日、実行することとなりました。
d0082261_23321882.jpg

こちらが本日のおめあて、トロッコ列車「潮風号」。
しかし・・・「2時間待ちで~す!」といわれ、あきらめて写真だけ撮影。また今度乗りに来ようね。

d0082261_23351513.jpg

九州鉄道記念館のSLの前で、これまた記念撮影のみ。

5分間の船に乗って、下関に渡り、海響館へ到着。船が波で揺れるたびに、声をあげて喜んで
いました。

d0082261_23371237.jpg

まずは腹ごしらえ。お弁当は、いつもとあまり変わり映えしないものだけど、お外で食べると
美味しいね。

d0082261_23381394.jpg

この時点までは、とても天気がよくて気持ちがよかったです。帰り際、雨に降られましたが
本降りになる前に列車に乗れたのでラッキーでした。
海響館では、私がイルカのショーの場所とりをしている間、パパと一緒に館内を見に行き
マンボウの水槽の前でへばりついていたそうです(笑) 「ママ、大きいマンボウがおった!
一緒に見よう!」と誘いに来ました。イルカのショーも、頑張って場所取りしていた甲斐があり
拍手をしながら、楽しそうに見ていました。2歳になったばかりの頃、マリンワールドに連れて
行ったときは、あまり興味を示さず外で遊ぶほうが楽しそうでしたが、成長に伴い、水族館の
楽しさがわかってきたようです。

d0082261_23422372.jpg

JRに乗るのも、長い時間電車に乗るのも初めてだったので、それだけでもげんきにとっては
楽しい体験だったようです。
電車では爆睡かと思いきや、電車どころか帰りの車でも帰宅してからも一切寝ることなく
親のほうがついウトウト・・・

d0082261_23441490.jpg

去年も夕方柏餅を買いに行き、どこも売り切れだったのですが、今年も帰りに寄ったお店で
「もうとっくにありませんよ」と素っ気無くおばちゃんに言われました・・・
せめて「すみません。もうないんですよ。」くらい言ってくれるのが商売人と思うけど、職人なんだなぁ・・・
もうあの店には寄らん。。そして、こいのぼりケーキを別の店で買ったのですが、チョコのを買おうと
したら、私の前の人が買ってしまって売り切れ・・・ガーン。露骨にガッカリしてみたけど、譲っては
くれなかった(爆)

d0082261_23474817.jpg

今年は気分的に余裕がなく、ギリギリになって飾った兜。一緒に飾っているのは、げんきが幼稚園で
作ってきたこいのぼり。目と花をのりでくっつけたのだそうです。頑張って作ったね!

というわけで、盛りだくさんな楽しいこどもの日でした。
[PR]
by genkimanma | 2009-05-05 23:49 | おでかけ

はじめての映画

3日は、パパも一緒に、トーマスの映画を観ようと、TOHOシネマズ久山までおでかけ・・・
したものの、上映時間が変更になっていて、その日の上映はすでに終わっていました。。
それなら、しましまタウンに行ってみようと、イオンモールルクルへ行くと・・・
なんと、しましまタウンは、3月末で閉店していました・・・ガーン。あれだけ大好きだったのにね。
1回でも行っておいてよかったね。
というわけで、しましまタウンの抜け殻(?)を利用して新しく出来たアミューズメントスペースで
遊ばせることに。
d0082261_03738.jpg

まぁ、大好きなトーマスにも乗れたし

d0082261_04568.jpg

ボールプールで遊んだり、プラレールで遊んだり、本人は結構楽しんでいたけどね。


d0082261_073648.jpg

というわけで、予定外でしたが、4日にママと2人で行きました。大人1000円、2歳以上の子供800円。
スクリーンにトーマスが映ると、あちこちで「あ、トーマスだ!」と声があがり、げんきは
♪タラッタッタ タッタッター♪とテーマソングを口ずさみながら、1時間集中して観ていました。
「おもしろかった」そうです。映画初体験、よかったね。

先日、幼稚園のホームページを一緒に見ていたら、お友達の写真を見つけて嬉しそうに名前を
教えてくれました。
また、かかりつけの小児科の子供さんも同じクラスなのですが、小児科に行ったときにお母さんから
「○○○くん、ひょっとして幼稚園で”もっきー”って呼ばれてますか?」と聞かれたので、
「うちでそう呼んでるので、そうかもしれません。」というと、「やっぱり。うちの子が、幼稚園で4人
お友達ができたって言って、そのうちのひとりが”もっきー”っていうので、ひょっとして○○○くん?
って聞いたら、そうって言ってたんですよ。」と教えてくれました。げんきも、このお友達の名前は
ちゃんと覚えています。席が斜め前なんだよね。
”4人のお友達”のなかに、げんきも加わっていて、嬉しくなった出来事でした。
少しずつ幼稚園の事も話してくれて、ママも一緒に行ける遠足は楽しみな様子。どうやら、ママも
一緒にバスに乗っていけるのなら、幼稚園もまんざら楽しくないわけではなさそうです・・・
[PR]
by genkimanma | 2009-05-05 00:16 | おでかけ

”おかえり”の会@FISH MAN

d0082261_23411025.jpg

東京から、ゆべちん&じゃんちゃんが帰って(!)きたので、FISH MANにて”おかえりの会”
(勝手に命名)開催。お店を予約してくれたくぅねえちゃんは、キャンプの日程が重なり参加
できなかったけど、ほんとにひさびさ~のmomoや、思いがけずmangoっちも一緒にご飯が
食べられて、美味しく楽しい集いとなりました。
美味しそうな料理の写真の数々は、東京へ行ってめきめきと写真の腕をあげているゆべちん
とじゃんちゃんのブログでご確認ください(笑) (夫婦であーでもない、こーでもないとカメラ談義(?)
をする2人の姿が、妙に新鮮だった・・・)
相当な大食い&早食いであると自負している私でさえ、「ちょっと頼みすぎじゃないかい?」と
思うほど、”食べたい””美味しそう”という思いに任せてオーダーされた料理の数々が出て
くるわ、出てくるわ・・・しかし、どれもはずれがなく美味しいのだ!
特に私のツボにハマったのが、”炙りしめ鯖の棒寿司”(たしかこんな名前)。味のバランスが
よくて、とっても美味しかった。

d0082261_2350686.jpg

そしてメニューにも”別腹”と書いてあるデザート。私が頼んだのは、和栗とコーヒーのプリン
(正確な名前じゃないけどこんな感じ)。これがまた、とっても美味しかった!一緒についてる
バニラアイスとフルーツも美味しいし。ほかのみんなのデザートも、一口ずつお味見。おいし~。
デザートだけ食べに行っても満足できる感じでした。
田舎暮らしが長くなった私が、こんな風に新しい美味しいお店でご飯が食べられるのも、ブログで
知り合った食いしん坊なお友達(笑)のおかげです。どうもありがとう。

基本的に、”美味しいものを食べる事が好き”な人たちと集まって食べるご飯は、もちろんお店の
セレクトもハズレがないし、「これ、おいし~、おいし~」と言って、いろんなことを話しながら
ワハハハハーと笑って食べるご飯は、ほんとに美味しい。思わずたくさん食べられるので危険だけど(笑)
じゃんちゃんたちにもらったお土産も、momoのクッキーも、とっても美味しかったです。ありがとう。
そうそう、げんきのお土産にもらったまめぐい、ひらがな覚えたてのげんきが、一生懸命読んでたよ。
ありがとうね。
[PR]
by genkimanma | 2009-05-04 00:01 | そとまんま