<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おうちで芋ほり

d0082261_23352087.jpg


じいじが、げんきに芋ほりを体験させようと、今年初めて我が家の片隅に植えてくれていたさつまいも。
ほんとは一緒に芋ほりしたかっただろうけど、もう少しこちらに来るのは無理かもしれないので
幼稚園の芋ほりを前に、日曜日に”我が家の芋ほり”を決行。
スコップで土を掘り起こしていくと・・・あ、芋の姿が!!親子で盛り上がる!!


d0082261_2338688.jpg

大小あわせて、4個のさつまいもが採れました♪
今日小さい2個を天ぷらにして食べました。我が家で採れたのは美味しいよね!
小さい1個を義母へお裾分け。一番大きな1個は・・・じいじやばあばも一緒に食べられるといいね。
[PR]
by genkimanma | 2009-10-19 23:40 | げんきくん

大運動会

もう1週間前のことになりますが、11日はげんきの初めての運動会でした。

d0082261_1103236.jpg


お弁当。前日から準備して、当日も5時過ぎに起きて頑張りましたが、出来上がりは結構
ギリギリでした。
げんき一人に対して、私達夫婦、義母、父、義妹、姪っ子2人と、ギャラリーが大勢いるので
果たしてどれくらい作ったらいいものか、検討がつきません。義母がおいなりさんと煮豆を、
義妹がエビフライと唐揚げを担当してくれたので助かりました。

こじんまりとした幼稚園なので、子供の出番はかなり多いです。
まずは年少さんの踊り。Dr.スランプ アラレちゃんの♪ワイワイワールド♪
家で練習した甲斐あって、タラッタラーラッタ♪で立ち上がるタイミングは合ったものの、
常に若干遅れ気味(笑) おまけにこちらに手を振っていて一人だけ座り損なったりした
いましたが、まぁね、本人が楽しければよし。
”もうすぐようちえん”に出場している子供たちを見ながら、後1週間生まれるのが遅かったら
げんきはこっちの仲間なんだよなぁと再認識。そう思うと、よく頑張ってるよ、げんきくん。

そしてかけっこ。なぜか入場のときから泣いている・・・走るときは、大声援がする我々のほうを
振り返って走ったため、中運動会では2番だったのに、本番は3番。(4人で走ります。)
この種目の前の父母競技に出ていたパパに、ビデオを代わってもらい私はカメラで撮影しようと
したけどタイミングを逃し、おまけにパパは既に押してあった録画ボタンを押してしまい、途中で
録画が切れた(爆)
競技の後、おしっこやうんちで泣いていたのではないかと聞きに行ったけれど、ママに会いたかった
とか、よくわからない返事。スタート前にお友達と言い合っていた様子もあったけどよくわからず終い。

次は玉入れ・・・でもまだ泣いている。おかしい。落ち着きがなく、そわそわもじもじ、じっと立っていられない。
今度は明らかにおしっこを我慢している。先生は手を繋いだりなだめたりしてくれているようだけど、
おしっこ我慢には気づいていない様子。周りからせっつかれるけれど、競技の途中に割り込んでいく
わけにもいかず・・・ようやく先生におしっこと言えたようで、途中で抜けていき、2回目の玉入れは
出来なかったけど、お片づけには間に合って帰ってきました。
子供ながらに、競技の途中で抜けることを気にして言い出せなかったのだと思います。
迷ったけれど、運動会後、先生方は全体の運営が大変かと思うけれど、もう少し個々の生徒の様子
にも目配りをしてほしいというお願いを、連絡帳に書きました。

d0082261_1271634.jpg


段ボールで作ったバスに、2人組みで入って、リレー形式で競争します。これはなかなか速かったね。

d0082261_12852100.jpg


クラス対抗リレー。年少さんは、ぬいぐるみをバトンにして走ります。
これも声援のするほうを見て、ニコニコしながら走ってたな。。
年少さんには、まだ”競争”という意識があまり芽生えてないようですが、年長さんになると競争にも
応援にも力が入ります。

d0082261_1302845.jpg


ものすごく、小さく前にならえ(笑)

全体のダンス、♪エビカニクス♪は、げんきがとても気にいって、家でよく歌って踊っていたので
楽しみにしていたんだけど、私達の席からはげんきがいる場所が見えなかったが残念でした。

親子競技”魔女っ子リレー”は、魔女のほうきに親子でまたがって走り、帽子をかぶって戻って
くるのですが、楽しそうに話しながら競技に参加しているパパとげんきを、ビデオで録画しながら
なんだか胸が熱くなったのでした。待ってる時間が長かったけど、こんな日がきてよかったね、パパ。

胸が熱くなるといえば、年長さんのダンスと組体操のあと、ミスチルの♪GIFT♪が流れるなか
運動場を手を振りながら1周したのですが、自分の子供でもないのに、なんだかジーンときてしまう・・・
げんきが年長さんになったら・・・やっぱり感動して涙がでそうだなぁ。

子供も親も初めての運動会。いろいろあったけど、思い出に残る運動会になりました。

おかげさまで13日には母も退院しました。今年はビデオでしか見られなかったけれど、来年は
一緒に声援をおくれると思います。
[PR]
by genkimanma | 2009-10-19 01:37 | げんきくん

中運動会

d0082261_011242.jpg

6日は、げんきの幼稚園の中運動会(リハーサル)だったので、義母と一緒に行ってきました。
かけっこは、”欽ちゃん走り(笑)”ながらも4人中2着でした。両親のどっちに似ても、そう足が
速いとは思いがたいけど、”運動神経は遺伝ではなく、幼い頃の運動量によるものだ”という
説を信じることにしよう・・・本番では一番になれるようがんばるそうなので、応援したいと思います。

そして年少さんの踊り。Dr.スランプ アラレちゃんの♪ワイワイワールド♪を踊ります。
♪きったぞ きたぞ アーラレちゃん キーンキンキンキンキンキン テケテケテッテンテッテン♪という
アレです。なぜ、今、この選曲なのかは不明ですが、我々世代としては懐かしいなという感じで
私がフルコーラス歌えるので、げんきは、「なんでママしってんの?」という顔をしていました。
この踊りがですね、ほとんど常にワンテンポ遅れてしまうんだな、これが(笑)
まぁ、げんきの場合、あと1週間遅く生まれていたら、この学年にはいないわけで、そう考えると
このワンテンポ遅れもやむなしといったところですが・・・義母は「こりゃ、小太鼓持ち帰り組かも
しれんね」とひと言。

<解説>
  小太鼓持ち帰り組とは・・・
  その昔、夫が幼稚園の頃、運動会の鼓笛隊で小太鼓担当になったはいいけれど、どうしても
  みんなとズレてしまうので、家で練習するようにと、小太鼓を持ち帰らされたものの、教える人
  (=義母)も音痴なので、どうにもならなかったという話。

う~ん。私に似てたら、歌と踊りはどうにかなると思うんやけどね。。
今日は湯船に2人でしゃがんで、♪タラッタターラッタ ジャかジャン はい ここで立つ!(ザバッ)
とか言いながら、自主練してみたけれど(笑)

でもね、練習の間中、この写真の笑顔のように、どの種目も楽しそうにやりながら、ニコニコ笑って
こちらに手を振るげんきを見て、”本人が楽しいのが一番!!”と思い、嬉しくなりました。
入園当初、幼稚園に行かないといって泣きわめいていた子が、こんなに楽しそうに行事に参加できる
ようになり、朝も「りんくんより早く着きたい!一番に行く!」といって、バスの時間の20分前には集合
場所に到着するくらい、はりきって出かけるようになりました。
それだけでも、ママはとっても嬉しいです。 げんきが笑顔だと、ママも笑顔になれるよ。
運動会、みんなで一緒に楽しもうね。
[PR]
by genkimanma | 2009-10-08 00:28 | げんきくん

プチ同窓会

「18年後、30歳のとき、西暦2000年1月3日正午に、小学校に集まりましょう」
西暦2000年に、小学校を卒業時に小学校の校庭の隅に埋めたタイムカプセルを
掘り起こすための同窓会をしました。60名ほど集まったその同窓会で、
「10年後にまた同窓会をやろう」と約束して・・・
まだまだ先のことだと思っていたら、あっという間に10年経ってしまいました。。

日曜日に、当時の同窓会幹事だったメンバーを中心に、来年の同窓会の第1回打ち合わせを
しました。で、その時に、小・中学校時代に好きだった男の子に、約25年ぶりくらいに再会!
まぁ、確実にオジサンにはなっていましたが(お互い様か・・・笑)、いい年の重ね方をしてる感じが
して、久しぶりにいろいろ話もでき、楽しい時間を過ごす事ができました。これも幹事の役得かな?
第一声で、「全然変わってないっちゃけん」といわれ、すっかり気をよくしてしまいました(笑)

小学校の同級生同士で結婚したH君の家に8名集まったのですが、この時点ですでにプチ同窓会
状態。おまけにそれぞれが連れてきた子供たちも、同じくらいの人数いて、とっても賑やかな
時間でした。小学校の同級生って、遠慮のない幼い頃から知っていて、気心が知れていて
懐かしくていいですね。

これから手分けして連絡をするのですが、結構な人数が集まりそうな予感・・・20代や30代の頃
より、今くらいの年齢になってからのほうが昔の友達に会いたくなったり、会いやすくなったり
するものかもなぁという気がします。果たして店に入りきれるのかが、ちょっぴり心配。


そして、好きといえば、吉川の話。いろんな人から、金スマみたよ と言われましたが、我が家も
しっかりスタンバイして見ました。
いやぁ、あんなにサバイバル生活の似合うかっこいい男は、そう滅多にいないよねと、改めて
思いました。世の中、”草食系”とか言ってますが、やっぱり男は”肉食系”よ???
中居くんの、「吉川晃司、きちゃないけどかっこいいよ」に納得。

げんきは、BE MY BABY の映像に「これ、しっとー!」と反応し、「きっかーこーじ、ひとりぼっちで
だいじょうぶかね~」と心配し、番組の途中で私にトイレについてきてもらうときには、「みたかったよね~」
といいながら、私の頭をなでてくれました。こうなると「いいよ、録画しながら見ようけん」と優しく答える
しかありません(爆) なんて親のことを理解している、いいこなんでしょう(笑)

そして菊花賞の誘導馬に乗るとか、仮面ライダー劇場版に出演するとか、新しい情報目白押し。
うちの子は、まったく仮面ライダーに興味ありませんが・・・のんきママさん、けっくんとげんき、
ダシにしますか??
[PR]
by genkimanma | 2009-10-07 01:00 | 好きなひと

JUST 40

d0082261_23101117.jpg

9月30日、AROUNDから、とうとう JUST 40 になりました。
でも、自分の年齢がイヤでもないんだなぁ。。
キョンキョンのCMみたく、”今をいちばんにする”気持ちで、これからの年齢を重ねて
いきたいなと思う今日この頃です。

ブログの更新をせぬままに1ヶ月以上過ぎたのには、実は理由がありました。
先月末、物心ついて寝込んだところを見た記憶すらない母が体調を崩し、検査の結果
大病であることがわかり、9月16日に手術をすることになったのです。
当初検査をしている段階で、症状や検査の内容をもとにいろいろとインターネットで調べて
しまった私は、大きな不安を抱えてしまいました。ありとあらゆる情報がありすぎて、どんどん
深みにはまってしまいそうになるので、ある時点からインターネットで調べる事はすっぱりやめ、
ただ「手術で取ることができます」という先生の言葉を信じることにしました。

今回、母は強いなと改めて思いました。病気の本人が落ち込んでいたら一番困るのですが
やはりショックはあったと思いますが、最初から一番しっかり現実を受け止めていたのは
母本人だった気がします。もともと、物事をいいほうに考える(NLPでいうところのリフレーミングを
意識せずにやる人)タイプではあったり、”行き止まりにぶつかったら、右か左かどっちか行く道が
あるだろう”という人ではありましたが、こういう局面では、この強さが非常に大切だと実感しました。
”××ではあるけど、そのおかげで○○できる”とか”××ではあるけど、これくらいですんで
よかった”とか、日常生活のなかでそういう発想を心がけたりはするけど、こういう重大な局面
になると、なかなかそれが出来なかったりしますが、こんなときこそ、その思考が大事になります。

手術前の病状や手術内容の説明、また手術後の説明(切った箇所も見ました)も、最初は怖くて
無理だと思いましたが、その場になると、意外にきちんと聞けるものだなとも思いました。
(手術が成功したからでもありますが)

私も今回の件で、今までより少しは強くなったかなと思いますが、手術までの日々は、ほとんど
眠れない夜があったり、毎朝お腹をこわしていたり、月経周期も狂ってしまったり、手術の翌日に
顔に赤いぶつぶつ(帯状疱疹かヘルペスでしょうとの診断)ができたり・・・精神的なものが身体に
影響してしまいました。

手術は約10時間に及び、先生からもお腹の手術では一番大きい種類の手術といわれましたが
無事に終わり、日々回復し、現在のところ当初の予定通り、来週末には退院できそうな感じです。

手術で新しい命をもらったという母と、これからいい時間をたくさん過ごしていきたいと思っています。

感情的に落ち込みそうになった私を冷静に引き戻し、手術前日や当日もずっと付き添ってくれた
だんなさん。
何も知らない笑顔でみんなを癒してくれたげんき。でも手術当日帰りが遅くなったら義母の家に
泊まらないといけないかもしれないと話したときには、「おかあさんに会いたいとか、お母さんの
ほうがいいとかいわんけん」と言ってくれて、思わず涙がぽろぽろ・・・涙はげんきが拭いてくれました。
子供心に、母の様子が何かいつもと違うとわかってくれていたのかな。
実家のほうの親戚はもちろんですが、結婚して新たにできた家族や親戚も、みんな心配し支えて
くれました。

この場を借りて、優しい言葉をかけてくれたみなさん、ありがとう。
余裕がなくて、いただいたメールの返事もできずそのままになってしまった方々、ごめんなさい。

家族が健康で笑顔で毎日を過ごせること、元気に毎年誕生日を迎えられること・・・
今までなんとなく当たり前のように思ってきたことが、実は当たり前ではなく、とても幸せなこと
なんだと、改めて気がついた出来事でもありました。

毎日毎日を大切に生きていこう。
[PR]
by genkimanma | 2009-10-03 23:45 | 日々の雑感